コピペ いんざわーるど(・∀・)

2ちゃんねる 厳選コピペブログです。 面白い話 笑える話 泣ける話 怖い話 お得情報をまとめていきます!
コピペ いんざわーるど(・∀・) TOP  >  スポンサー広告 >  怖いコピペ >  ある夜、マンションの郵便受けに手紙が挟まっていた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ある夜、マンションの郵便受けに手紙が挟まっていた

ある夜、マンションの郵便受けに手紙が挟まっていた。
部屋に戻り中身を見ると、赤い紙に黒い字で「2」と書かれていた。
これまでも「5」「4」「3」と書かれた、不気味なカウントダウンの手紙が届いている。
「どうせイタズラだろ。明日、誰が入れてるのか突き止めてみるか。」
特に気にも留めずそれを捨てた翌日、また手紙が来ていた。 そのとき、手紙を郵便受けに入れていたのは、配達員だった。
「どうも。連日のお勤めご苦労さまです。」
「こんにちは。」
一通り、軽い会話を済ませ、配達員は戻っていった。
部屋に戻り中身を見ると、同じような形式で「0」と書かれていた。
「1…じゃない?」
手紙の数字はすでに0になっていた。
イタズラだとは自分に言い聞かせていたが、友人は家を空けていた。そういえば、残業だったんだっけ。
やむを得ず、その晩はネットカフェで過ごした。
翌日俺の部屋の前に戻ると、俺のカギのスペアを持った郵便局員が倒れている。そして、閉めたはずの俺の部屋の扉が開いていた。
「どうしたんですか!…何か持ってる。」
郵便局員は手紙を持っていた。
「…『111』?」 意味が分かった途端、俺は動けなくなった。
関連記事









[ 2011/09/06 07:42 ] 怖いコピペ | TB(0) | CM(1)
わからん
なにこれ
[ 2011/09/06 11:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ぱお

Author:ぱお
面白コピペを集めています。
相互登録大歓迎です。
(✉:bfm35462あっとhotmail.co.jp)

andoroidアプリのDLページへジャンプ

このエントリーをはてなブックマークに追加


紳士協定
全記事(数)表示
全タイトルを表示
検索フォーム


FX比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。