コピペ いんざわーるど(・∀・)

2ちゃんねる 厳選コピペブログです。 面白い話 笑える話 泣ける話 怖い話 お得情報をまとめていきます!
コピペ いんざわーるど(・∀・) TOP  >  スポンサー広告 >  怖いコピペ >  男は街中を散歩していた。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

男は街中を散歩していた。

男は街中を散歩していた。
町の様子を観察しながら歩いていると、通りの向こうに博物館を見つけた。
「博物館か。時々歩いていた道なのに、どうして今まで気付かなかったのだろう」
近づいてみると、古く薄汚れた博物館の入り口にはポスターが貼ってある。
ポスターには『  の歴史展』。
長年置き去りにされたのか、一部は破れ、黄ばんで変色している。
チケットを買って中に入る。
いくつかの部屋を回ってみるが、男の他には一人の姿も見えない。
展示物は、石器から、民族衣装、工芸品、絵画、武器兵器、雑誌・本、各種家電、etc……。
順路に沿って年代順になってはいるが、
ありとあらゆる時代・国のものが乱雑にガラスケースに収められている。
「テーマが広すぎるんだ。何でも置けばいいってもんじゃない」
ぶつぶつと文句を言いながらも、男は1つの部屋にやってきた。
この部屋に置かれている物は男が見覚えがある物ばかりあった。
「俺が子供のころ、こんなおもちゃがあったなあ。あ、これも、これもだ、もってたなあこれ。」
男が懐かしさに浸っていると、一番奥のケースの中の壊れた腕時計が目に付いた。
カレンダーつきの時計で、日付は今日を示している。
時計は、熱か衝撃かわからないが、ぐにゃりと歪み、風雨に晒されたかのように錆ついている。
男はそれが、今、自分が着けている腕時計と同じものだと気がついた。
男はケースと自分の腕時計を見比べる。
限定品の時計で、側面に刻まれたシリアルナンバーも同じだ。
この部屋は行き止まりで、どこにも出口は見当たらない。ここで終わりのようだ。
男が戻ろうとしたとき窓の外でが何かが光った。
男が時間を見ると、もうすぐあの時計と同じ時間だった。
関連記事









[ 2011/11/03 07:52 ] 怖いコピペ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ぱお

Author:ぱお
面白コピペを集めています。
相互登録大歓迎です。
(✉:bfm35462あっとhotmail.co.jp)

andoroidアプリのDLページへジャンプ

このエントリーをはてなブックマークに追加


紳士協定
全記事(数)表示
全タイトルを表示
検索フォーム


FX比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。