コピペ いんざわーるど(・∀・)

2ちゃんねる 厳選コピペブログです。 面白い話 笑える話 泣ける話 怖い話 お得情報をまとめていきます!
コピペ いんざわーるど(・∀・) TOP  >  スポンサー広告 >  ほんわかコピペ >  チワワのナーちゃんを動物病院に連れて行った時の話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

チワワのナーちゃんを動物病院に連れて行った時の話

俺の相棒であるチワワのナーちゃんが左後ろ足を痛がる素振りをしていたので
動物病院に連れて行った時の話なんだけど、病院の待合室には俺とナーちゃんの
他にも数人(数匹)が診察を待っていた。
その日は緊急手術が行われていて病院内がてんてこまいになっていた。
診察を待ってる飼い主の中に若い母親とまだ小さい息子の親子連れがいたんだけど、
その息子が待つのに飽きたのか待合室をウロウロしだした。
息子がうちのナーちゃんの所にきて、「このワンちゃん何犬なの?」と無邪気に
聞いてきたから「チワワだよ~こんにちは」と教えてあげると、息子は嬉しそうに
母親に「チワワだって!ちっちゃいね!」と報告していた。
そんな微笑ましい親子のやり取りを見ていたら、息子が母親の着ていたアジアン
テースト風のワンピースの模様に興味を持ったのか、ジッと眺めていた。
母親が「この柄はペイズリーって言うの、ペイズリーよ」と、やさしく息子に
教えてあげると、「パイズリー!パイズリー!」と、息子は元気に大はしゃぎ。
俺はもちろん待合室にいた人全員満面の笑み。
丁度手術室から号泣しながら出てきたおじさんも涙流しながら顔は笑っていた。
奧から「何だ何事だ」と血だらけの白衣で出てきた先生もニヤリとしていた。
俺は思った。
パイズリは局部だけを癒すと思っていたが、深い悲しみや怒り憎しみまで癒すと。
パイズリってすんごいんだなーつくづく思った。
その後俺とナーちゃんが診察室から出てくると、さっきまでの暴れん坊の息子は
疲れたのか、母親の胸で果ててた。
関連記事









[ 2011/12/16 06:38 ] ほんわかコピペ | TB(0) | CM(1)
息子が胸で果てただと・・・?
パイ○リで発射なんてエロマンガの世界でだけだろ
[ 2011/12/16 22:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ぱお

Author:ぱお
面白コピペを集めています。
相互登録大歓迎です。
(✉:bfm35462あっとhotmail.co.jp)

andoroidアプリのDLページへジャンプ

このエントリーをはてなブックマークに追加


紳士協定
全記事(数)表示
全タイトルを表示
検索フォーム


FX比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。